日記09/16『思考の断片』

 太陽は眠らない。片時も。一瞬も。けっして死なないこと、それが彼に与えられた罰。永遠に続く拷問。彼は何の罪を犯した?人間に動物に生命にその炎、意識、言葉を教えた罪。美しい沈黙に世界を創造した罪。

 
 エロティシズムは私と融合した他者、それを見届ける第三者、この三者によって完成する。切腹に於いては腹を切る私の精神と腹を切られる私の肉体、更にその完全に統一された滅びていく私を介錯=解釈する人間によって。小説を書くということは切腹である。読者によってそのエロティシズムは完成する。
 エロティシズムとは人間の意識を覆う概念、認識の限界の窓の外側へと到達しようという試みである。聖なる太陽への接近。太陽へと足を踏み入れた者は「私」を喪失する。滅びる。だから彼は太陽、窓の外側へ行ったことを彼自身では認識出来ない。だから窓の外へと行って滅びゆく彼の姿を見る第三者が必要になってくる。エロティシズムは個人ではなく集団、人間の共同体によって成就する。
 
 私はあらかじめ私に失われた生の「過程」に憧れている。だから哲学や宗教ではなく文学、小説が好きなのだ。「真理」、意味や結果を重視探究する前者に対し小説はその「過程」、道のりの楽しさや美しさを重視探究する芸術だから。そしてその私に失われた生の「過程」はそっくりそのまま私の肉体、テオーリアの存在意識に符号する。だから私にとってテオーリアを描き、テオーリアの意識になることこそ小説を書くということであり、同時に私に失われた生の「過程」を取り戻す、私が生きるということなのだ。しかしまた同時にそれは私の自殺である。
 
 しかし私は私の他者であるテオーリアになれるだろうか。宿命論を乗り越えることが出来るだろうか。私は生きることが出来るのだろうか。私は死ぬことが出来るのだろうか。

 

夜の鳥の卵

ああ、神様、ああ、私の神様。
どうかどうか私に翼をください
何も見えない
何も聞こえない
何も感じられない
この永遠の井戸の底から
私を解き放ってくれる二対の羽根。
黒く輝くその翼を広げて
空に輝くあなたの瞳の中へと
私は今すぐにでも飛んでいきたいのです。

 


君は見た事があるかい?
庭の木の葉の上に
もっと向こうの電線の下に
枯れた紫陽花の花の上に
ぎっしりと産み付けられている
巨大な夜の鳥の無精卵。
朝の光に照らされて
てらてらと無邪気な期待に震えながら
窓辺に顎を乗せた少年の瞳で
もっと熱い太陽の精液を
その身に待ち受けている罪の卵たちを。



いやらしい運命の息吹が
次々と彼らを
固い地面の上に叩き落として
その度に彼らは
叫び声もなく砕け散り
無明の地獄の底へと吸い込まれていく。
線香の煙と共に空へと昇る鎮魂の祈祷も
白い花が優しく添えられた墓石もない。
何故なら彼らは生まれる事無く
死んでいったのだから。
知られざる死産の子たち。
真っ白な仮面を付けた人々の黒い靴が
僅かに残った彼らの遺骸を
滅茶苦茶に踏み散らし
虚ろなまるい瞳の鳩たちが
泥に塗れた彼らの髄液を黙々と啜る。



さて、幸運にも
太陽が玉座に座るその時刻まで
生き延びる事が出来た数少ない卵たち。
干乾びた棕櫚の葉の上で
蒼褪めた紫陽花の上で
浮浪者のビニールシートの上で
太陽の熱い精液を浴び続けた彼ら、
ほら、見てごらん。
世界そのものを映し出す
透明な丸い球体の中央に
段々と真っ黒な塊が見え始める。
水の中に垂らした墨汁のように
ぐるぐると ぐるぐると
奈落の色の渦を巻きながら
透き通る卵白の中に
どす黒い卵黄が浮かびあがる。
忘れ去れた塔の窓辺で雲を見上げる老女の瞳
薄暗い天井の染みを見詰める怯えた子供の瞳
最後の一枚をテーブルの上に投げた男の瞳
白い足の指を開いて痙攣する若い女の瞳
階段の十四段目を見上げる死刑囚の瞳
そう、それは瞳
この世にありながら
この世ならぬもの
夜の闇そのもののを映し出す瞳
透明な卵白に赤い亀裂を幾つも浮かべて
ふるふるとその罪が震えだす
どくどくとその悪が脈を打つ
今にも目覚めようとしている夜の鳥。
しかし、彼らの艱難はまだ続く。
白装束に身を固めた集団が
ガスバーナーを片手に
そんな夜の鳥の卵を捜索している。
見つけ次第完全焼却、燃やされる。
ひどいときには
ひとつの森全部が焼き尽くされる。
その黒い刻印が現れた人間は
女も子供も生きたまま焼き殺される。
みんな何よりもその黒い瞳
生れてはいけない悪魔の新星、
その誕生を恐れている。
しかし、それも杞憂だ。
彼らは恐れ過ぎている。
摘み取らなくても燃やさなくても
夜の鳥、彼らはその産声をあげた瞬間
太陽に焼き尽くされて消えていく。
当然だ、彼らは夜の鳥、
昼間の光の中では生きていけない。
昼から夜へと
現実から夢へと
架けられたあの白く輝く橋を
渡り切る事などとても出来ない。
ああ、なんて哀れな悪魔の子よ。
君はいったい何のために生まれてきたのか。
滅びるために生まれてきたというのか。
しかし、今夜も街や村で或いは家の中で
彼らが羽ばたく事無く死んだ事を祝って
人々はお祭り騒ぎ、祝福の宴を開いている。
ひとり灯りもなく窓もない
暗闇の部屋に佇む目隠しの少女を除いて。



五十年に一度
或いは百年に一度
鼠たちが北へ向かって大移動し
猫たちが人間の言葉を喋り始め
何人もの子供たちが行方不明になり
女たちが暖炉の前で膝を抱えて祈り続ける日
黒い桜の花びらが満開に咲き乱れ
鴉と蝙蝠が不気味に笑って飛び回るなか
悪魔や道化の仮面を被った
大勢の男たちが街を彷徨う日
昼なのに夜のように真っ暗な空
煌々と燃え上がるのは黒い太陽。
そのときだ、夜の鳥たちが羽ばたくのは。
全てに対する復讐のように
何千、何万と一斉にあがる産声が
轟々と地響きのように大地を揺るがし
空に舞った彼らはまるで黒い噴水のように
彼らの故郷、あのあらゆる罪の源、
黒い太陽のもとへと羽ばたいていく。
すると少女は
ひとり灯りもなく窓もない
暗闇の部屋に佇む目隠しの少女は
目隠しを外し、家の外へと一歩踏み出す。
彼女が初めて見る現実の世界。
何も見えない真っ暗な夜よりも暗い昼のなかへと。

氷柱花

Ⅰ.夏

 

川のせせらぎが聞こえる 

背の高い葦の壁に囲われた

大きな砂岩の祭壇の上に

横たわるひとりの少女

清潔に煌めく白い綿の服は

翼を休めた白鳥のように

長い睫毛の瞼を閉じて仰向けに

手足は力なく無防備な様子で

少女は蒼天へ昇った龍の火球

崇拝する彼のまなざしを待っている

 

群れる鳥の黒い影が流れる

羊の雲はやがて白い帝国の城となった

葦の葉に遊ぶ蜻蛉の羽根が虹色に煌めき

赫々と燃える王の瞳が少女の顔上に現れた

瞼の裏の夜が一瞬で血の色の暁へと変わる

黄金色の喇叭を吹く幾千万の天使たち

苛烈な剣山の愛撫が細い身体を刺し貫く

喜悦と苦痛に崩れ歪む顔は聖女の面影

早送りにされた森の季節のように

額や頬、腕や腿に烈火の押し花が咲く

皮膚の下の内臓さえも無慈悲に叩き起こされ

暗い体内の奥へもぐらのように逃げ惑う

小さな身体全体が煮える溶岩の容器となり

穴という穴から流れ出した少女の透明な意識が

砂岩の祭壇の上に琥珀色の水溜りをつくる

‥‥あぁ、堕ちて来る 堕ちて来る‥‥

刻々と彼女の顔に不安が、身体が震え始め

‥‥青が堕ちて来る 彼の瞳が堕ちて来る‥‥

否、堕ちていこうとするのは少女

空へ降る黄金色の霧雨 海へ還る蜉蝣たち

すべての重力の感覚から解き放たれて

深淵の青い海の底に沈んでいる炎の宝玉

不可能の王衣を纏う彼の瞳へ少女は堕ちていく

 

やがて日が傾き

空が薔薇色の光に包まれる頃

背の高い葦に囲われた

赤い血の池に浮かぶのだ

主を喪った白い綿の服

朧月のような白い睡蓮の花が

水底に眠る少女の墓石の上に

 

Ⅱ.夏は過ぎて

 

蝉の声が流れていった

向日葵の笑顔が流れていった

花火は風となって流れていった

夏は洪水のように流れていった

川のせせらぎが聞こえる

少女の王は日々衰えていった

もうその愛のまなざしが

彼女を溶かし去ることはなくなり

白い睡蓮の花は流れていった

無数の死骸を敷き詰めた夜の底

凍り付いた女が横たわる

ついに彼女の王は死んでしまった

凍える風が蒼い唇から零れ出る

もうあの服を着ていない

彼女は裸だった

磨き抜かれた白い大理石の皮膚

黒い睫毛の下には青い氷のまなざし

冬の女王は祭壇の上に立ち上がった

高貴なその面前に葦たちが自ずと道をつくる

漆黒の夜空とひとつになった川

彼女はその新しい宮殿へ

傲然と優雅に雪の香りを残して歩いていく

川のせせらぎが段々と大きくなり

それは蝙蝠や梟たちの祝詞へと変わった

しかし彼女は黙って黒い川の前に立つ

如何なる声も凍った耳には届かない

無窮の虚無を前に聳え立つ白い塔の背中

永劫に変化することのない死の風景

だが不意に一粒の石が女王の足元へ落ちる

黒い川の水面へ波紋を描き落ちていった

滑らかな真珠色に煌めくそのまるい石は

カノジョガナガシタサイゴノナミダ

儚き透明な泡を残して暗い深淵の底へと

完全なる冬の女王の彫像が完成した

しかしそれも数千年前の物語

変わらずに彼女は今日も見つめている

川のせせらぎが聞こえる黒い濁流

夜空の底に沈む白銀の満月が

女王の孤独を風のように照らす

 

青い鳥の詩片Ⅲ

過去、twitterに投稿した詩の数々。

古いものから順に置いていきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

太陽への階段

 

十三の階段

ひとり孤独に

裸足で上がる

俺は今何段目?

段々と眩しい視界

少しずつ肌も焼け

ああ、太陽

十四段目に

君の瞳が輝く

永遠よりもなお遠く

遥か不可能の彼方に

俺が見失ってしまった

始まりの烈火

盲目の愛のまなざし

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

幾年も待ち続けた夏

太陽の熱いくちづけを

もう目前としながら

冷え切った土の中で

死んでいく蝉の子供たちよ

誰も君たちの事を

讃えはしないから

僕が君たちを讃えよう

君たちは美しい

一切、報われずに

死んでいく透明な者

君たちこそが本当の歌

暗闇に浮かぶあの太陽なんだ

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

棕櫚の葉に光る夜の雨の名残り

早天の空は未だ白く繭に包まれ

南の海の夢を見ていた鳥たちの

寝惚けた船歌に窓が笑っている

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

妖しい風に簾は捲れ

鬼子が遊ぶ緑樹の枝

刻々、紫陽花、空の色

怯える白蝶、花かご落とし

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

月の光に砂の城

笛の嘆きに踊る星々

ついにこの日来たるや

少女の幻影、揺れる鞦韆(ぶらんこ)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

紅い姫は虚ろに

金魚が眠る水の底

沼蝦たちの琴に合わせて

松藻が囁く子守歌

ぷくぷく ぷくぷく

電気仕掛けの夢の泡

水面に弾けて消えていく

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

今日も空からは

ガラスの雨が降り注ぐ

蝙蝠傘はすぐに骨となって

傷だらけの猫たちが車の下に鳴いている

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

紫陽花の森 深し

痩せた驢馬が彷徨い歩く

遠く雷鳴 白い閃光

崩れ地蔵がかなしく笑う

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

窓に浮かぶ月は遥か

灰と崩れる夢の浮橋

絡む煙に蝶は捕われ

残香羽搏く夜の静寂

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

霧の白雨は寒町を覆い

刻々と深くなる苔の色

鳥は虚しく木陰に潜み

伸びた蔦は宙に揺れる

草上の露は仮初めの心

魚鱗と光る黒い舗道に

夢から醒めし零落の花

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Ⅳへ続く。

青い鳥の詩片Ⅱ

過去、twitterに投稿した詩の数々。

古いものから順に置いていきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

蒼白い指の先が震えるのは不安と胸の高鳴りとその両方と。

小さな肩に重いヴァイオリン乗せているのは小さな少女。

彼女は長い本当に長い永遠の夜を越えて今初めてその翼を手にしたのだ。

一音、一音を抱き締めるように。

一音、一音を噛みしめるように。

彼女は今空を羽ばたく。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

天使が死んだ。

空の上の永遠に耐える事が出来なく、

彼はついに爆発してしまった。

止め処なく、まるで終わりがないかのように、

天使、気高き彼の血と肉片が

その断末魔の祈りの叫びとともに降ってくる。

もう間もなく世界は真っ白に染まる。

何も見えない。

時間すらもない。

空の上で彼がひとり見ていた永遠。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

眩暈がするほど青々しい空、

轟々と燃える山吹の花群。

風の吹くたび、

黄色い花びらが火の粉のよう、

ちらちらと蒼褪めた石畳の上へ降り注ぐ。

白い仮面の椋鳥がそんな春の煌きを蹴散らして、

まるで少年の王様、乱暴な得意顔で私の前を通り過ぎていく。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ひどく風の強い日。死霊使いのように風は命のないものに束の間の命を与えます。蒼褪めたビルに四方を囲われているため昼間なのに仄暗い公園のベンチ。座り込み顔を俯く私の前でくるくると回り始めたのは大分前に散った椿の花びら。破れて黒ずんだ深紅のドレス。一人の少女がワルツを踊り始めたのです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

黄色い花に忙し気な蜜蜂たち。両手を擦り合わせ石の上で日光浴している大きな蠅。虫を追って草叢を飛び跳ねる椋鳥たち。幼女も鳩を追い掛けている。ふと足元に映った黒い影。私は空を見上げる。太陽に煌々と亜熱帯の海のように青い空。ひらひらと一匹の揚羽蝶が黒い蜃気楼のように揺らめいていた。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

花はテーブルの上のフルコースのように止め処なく、飛び回る揚羽蝶、彼女の目の前へと現れるのだった。しかし彼女は少しもその料理にナイフやフォークを突き立てはしなかった。太陽のシャンデリア。ただ意味もなく優雅に、少しでもその幸福の予感を引き延ばし味わおうと羽根を動かし舞い踊るのだった。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

青い空に五線譜。

可愛く並んだ燕の頭。

風が吹くたびに

黒い音符たちは揺れて

黄金色の旋律。

無重力の音階。

空の上に輝く主へと

こだまする清らかな讃美歌。

 

永遠の少年。

カストラートの歌声。

微塵も堕ちる事無く

微塵も汚れる事無く

眩い光輝に満ち溢れた

祝福の船出そのままに。

今年も彼らが 僕たちの街へ飛んできた。

五月そのものを歌いにきたんだ。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

御日様に犯されて

僕が産んだ一匹の影。

濃厚な夜色の体を揺らし、

彼は今、純白の砂浜で 無邪気に遊んでいる。

やがて夏、 蝉たちが鳴く頃、

僕は完全に消えて彼になる。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

真夜中の二時過ぎ、

太陽から最も遠い時間。

老婆の囁くような声、

私は重い硝子窓を引いた。

痩せた驢馬が引く馬車の軋み、

黴だらけの白い窓枠の口腔、

深い井戸の底のような庭。

喪服を着た木々たちが

操り人形の手招きで

おいで。こちらにおいで。

顔のない顔で。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

銀色の埃が舞い踊る聖堂の廃墟。

オルガンの前に座る透明な少女。

割れた窓から入り込む五月の風。

朽ちた椅子に横たわる男の死体。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

夜が見たい。海が見たい。夜の海が見たい。でも、私にはそれが決して見えない。私の光が夜を、海を、夜の海を汚してしまうからだ。光よ消えよ。私の光よ、消えてしまえ。私の光が完全に消えたとき、私は完全な夜を、完全な海を、完全な夜の海を見るだろう。しかし、そのとき、この私はもう居ないのだ。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

白い空から降り続く霧雨。

繁華街の路地裏を傘も持たずに歩く。

すると視界の端にたんぽぽが映った。

可愛らしい小灰蝶が一匹、

丸く小さく萎んだその黄色い花にしがみ付いている。

まるで手毬を大事そうに抱えている少女のように。

私は息を呑んだ。

その瞬間、雨だけが動いていた。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

私の果てしのない欲望を映し出すのにこの鏡はひどく小さ過ぎる。私は女になりたい。私は男になりたい。私は蝶になりたい。私は蜘蛛になりたい。私は月になりたい。私は太陽になりたい。私は全部になりたい。激烈な雷鳴。鏡は粉々に砕け散った。さあ、旅に出よう。私を映し出す本当の鏡を探しに。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Ⅲへ続く

青い鳥の詩片Ⅰ

過去、twitterに投稿した詩の数々。

古いものから順に置いていきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

目を覚まして窓を開けると

夜の殻がひび割れていく音がした。

それはガスバーナーで赤い林檎を焼くような音であった。

それはまた野に潜む百万の仏僧が一斉に読経しているような音であった。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

首のない鳩の死体が街路の片隅に落ちている。

白い雪のように羽毛を散らし、裂けた肉からは細い骨が突き出ている。

数匹の小さな蝿が、地上に堕ちたイカロスを囲む天使のように、

周囲を旋回してはその小さな羽根を震わせて、死せる英雄に鎮魂曲を奏でている。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

私は嘘を吐く事が出来ない子供だった。

 

だから沢山の嘘を吐いた。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

熱帯夜。

酷く昼に近い夜。

しかし決して昼ではない。

太陽の熱をこれ程に肌で感じながらその太陽の姿はまるで見えない。

禍々しく狂おしい欲望が暗い温室の中で育ち始める。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

まるでたった今、灼熱のオーブン、その鉄の扉を開けて逃げ出してきたかのようなどす黒い犬。痩せ細った身体、真っ赤に充血している瞳、口からは爛れた舌を垂れ下げて火のような息を吐き散らす。そんな犬が私の家の庭の隅で黄色く燃える満月をじっと見ている。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

余りにも待ち焦がれていたものが目の前にあるとき、私は既にそのものを失ってしまったかのような喪失感に包まれる。だからそれを逃すまいと両手を広げる。私は今その喪失感に包まれている。私は今その両手を広げている。夏がやって来たのだ。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

幼い頃、幾度となく私は衣服を剥ぎ取られ、深く暗い井戸の底へ突き落された。静謐に包まれた死ぬ程寒い水の中。震えながら私は頭の上を見上げた。円く切り取られた目も眩むような空の光。美しかった。それは世界そのものだった。

私の半生はあの深く暗い井戸の底からの逃避だった。私は空の光の中で暮らし始めた。しかしそれは美しくなかった。地上の世界は美しくなかった。目も眩む美しい光はあの深く暗い井戸の底にあったのだ。私は自分の衣服を剥ぎ取った。再びあの懐かしき虚無の底へ身を投げた。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

窓から射す夏の陽光、乾いた風に白いカーテンが可愛く揺れている。胸が苦しくなるようなヴァイオリンの音色。肘掛椅子に座りながら私は絵を描いている。茶色の猫がそんな私の前をゆっくりと横切り、時計の針も合わせて遅々と進まない。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ロマンティシズムの影には必ず死がある。たとえ死というものの具体的な形を取らなくても破滅や崩壊にそれは形を変えて現れている。死そのものが美しいのではない。死によって煌きを放つ生の輝き、闇夜に浮かび上がるその一瞬の火花に人は魅せられるのだ。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

私の神は何処に居る?ここはとても深くとても冷たくて何も見えない。私の神は何処に居る?

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

永遠の遥か頭上に太陽が揺れている。黄金色の優しい光。ああ、しかし神様、私には翼がありません。太陽は答えない。途方に暮れて私はその沈黙に言葉を重ねていく。一段、一段、まるで祈るように。まるで階段を造るように。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

サンタクロースは冬の雪山で遭難した。以来、その村に彼が姿を現す事は無かった。5年経ち、10年経ち、70年経った。もう誰もがサンタクロースの事など忘れ去っていた。

しかし、ただ一人だけいまだにサンタクロースを待ち続けている老人が居た。それは子供の頃サンタクロースが一度も家にやって来なかった老人だった。凍えるとても寒い冬の日だった。誰にも知られることなく彼は雪山で死んだ。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

Ⅱへと続く。

日記08/24『信じるもの』

「結局、君は何を信じているの?」幾度となく尋ねられた問い。私はその度に答えに窮する。そう問われるのと同時に私も頭の中で問い掛けている。「私は何を信じているのか?」でも答えは出ない。いや出ているのだ、明確に。私は何も信じていない。絶対の神も絶対の法も人間の理性や言葉も、五感すらも‥何もかもだ。ならば何故自身に問い掛ける?誰にも聞こえない心の声で。私は普段胡麻化している。私は見ないようにしている。あの恐ろしい完全な虚無、相対性の魔女の暗い口腔、荒れ狂う夜の黒い海を。ひとたびその窓が開くと私の自我は崩壊する。ゲシュタルトは崩壊する。全ての言葉、概念、意味は熱せられたバターのように溶けて、そのなかで「私」という概念は消滅していき、極限の不安のなかで私は発狂寸前になる。子供の頃から何十回と。一度全身不随になって救急車に運ばれたこともある。私は私の肉体すらも信じることが出来ない。他者なんてもちろん私は信じていない。何もかも信じることが出来ない。全ての意味や概念は人間が虚無への不安から勝手に作り出した想像の産物だ。或いはその虚無を際立たせるために勝手につくりだした想像の産物だ。全ては想像の産物。私も彼もその想像のゲームのなかで生きている。しかしひとたびスイッチが切られればゲームの外側の現実、虚無が濁流となって流れ込んでくる。そこには「私」も「彼」も居ない、存在しないのだ。ひとたびゲームの外側へと行ってその外側の現実を見てしまった人間はたとえそのゲームのなかへ戻ったとしてももうそれを他の人のように現実だと信じることが出来ないんだ。だから私は何も信じることが出来ない。ただ知っていることはある。「私」も「彼」もこのゲームの、想像のなかに閉じ込められている。つまり存在はしているがこの現実にには実在していない。「私」も「彼」も生きてはいないんだ。

 でも、最近気が付いたんだ。自分が本当は生きていないということ、その絶対の非実存、想像の洞窟の中に存在している状態をあらゆる生き物は知っている。だから生きようとする。生きていないから生きようとする。この暗い洞窟のなかから見えるあの青い空の出口へと飛び出していく。ひまわりは咲く。蝉たちは歌う。それこそが唯一の絶対だ。信じているのではない。私はその決して抗えぬ宿命を知っている。私も生きているもののひとつだから。